あねよう通信

2021.01.02/今日のひとコマ
12月8日のあねよう・食育クッキング教室

毎月一回の食育クッキング教室を行いました。(さくら組)

記憶に新しい東日本大震災…あの時は停電で普段何気なくしていることができずに、みなさん大変な経験をされましたね。又、当時はまだ生まれていなかった子ども達ですが、自分達が生まれる前に大きな地震が来たんだよね…ということを知っている子も多いです。

いつ起こるか分からない災害時に、ちょっとした工夫で食事をとることができることを子ども達に知ってほしいということで…今月のテーマは『避難食を作ってみよう!』です。

炊飯器がなくても、チャックつき袋でご飯が炊ける!ということで、チャックつき袋にお米と水をいれ炊飯しました。ご飯を炊いている間に、紙コップを使ってみそ汁を作ったり、簡単にできるデザート(ミルクバナナ)を作ったりもしました。

チャックつき袋で炊いたご飯は、普通の炊飯と変わらず、ふっくらおいしいご飯が炊けました。災害時になるべく洗い物がでないよう、あえてチャックつき袋のまま食べる体験もしました。